BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. レンタルサロン
  4. レンタルサロンを上手に活用すれば集客にプラスになる?メリットや集客のポイントをご紹介
レンタルサロンを上手に活用すれば集客にプラスになる?メリットや集客のポイントをご紹介

レンタルサロンを上手に活用すれば集客にプラスになる?メリットや集客のポイントをご紹介

記事の監修石川博幸(いしかわひろゆき)

記事の監修石川博幸(いしかわひろゆき)

2020年からレンタルスペース業界に参入、レンタルスタジオとレンタルサロンの運営を開始。
2024年には民泊事業も展開、運営開始。
お客様対応、清掃などに力を入れておりお客様より評価の声を多数いただいております。
現在では、レンタルスタジオ1店舗、レンタルサロン2店舗、民泊1店舗の運営をしており、今後はノウハウの展開などにも力を入れていく予定。

レンタルサロンを上手に活用することで、集客にプラスに働きます。この記事では、レンタルサロンとは何か、そのメリット、そして効果的な集客ポイントなどを解説します。

レンタルサロンとは?

レンタルサロンとは?

レンタルサロンとは、どのようなものなのでしょうか。まずは、レンタルサロンについて見ていきましょう。

時間あたりの利用料を支払って利用するサロンスペース

レンタルサロンは、時間あたりの利用料を支払うことで利用できるサロンスペースです。特定のスペースを時間貸ししてくれるサービスは多々ありますが、そのサロン版といったところです。

利用に関する大きな制限は特になく、申込みを行い規定の料金を支払えば誰でも簡単に使えるのが特徴です。

備品や設備は汎用的なものが多い

レンタルサロンにはサロンで必要とされる設備や備品が揃っており、主に汎用的なもので構成されています。すなわち、通常のサロンサービスであれば顧客に提供可能ですが、それを超えるようなものは対応が難しいことになります。

レンタルサロンによってはその限りではありませんが、事前の確認はしておいた方がよいでしょう。また、備品は無料のものと有料のものに分かれていることもあるため、それを鑑みて自分が提供するサービスの料金を決めるのが大事です。

さまざまな場所で運営されている

レンタルサロンは、さまざまな地域のさまざまな場所で運営されています。基本的には駅チカなど利便性の高いところが多いものの、自分が利用したいサロンの場所はしっかりとチェックしておきましょう。

「利便性が高いと思ってたが実は分かりにくいところにあった」というようなこともありえます。

レンタルサロンのメリット

では、次にレンタルサロンのメリットをいくつかご紹介します。レンタルサロンのメリットをを詳しく知ることで、賢い使い方に繋がるでしょう。

自分と顧客の都合に合わせてスペースを借りることができる

レンタルサロンを活用することで、自分や顧客の都合に合わせてスペースを借りることができます。自分で不動産を契約するやり方はスペースの安定性は確保できるものの、がどうしても場所が固定されてしまいます。

場所が固定されることのメリットも当然ありますが、デメリットもいくつか存在します。たとえば「集客できる範囲が限定される」「間取りを変えるのが難しい」といったものが挙げられるでしょう。

さまざまな地域で運営されているレンタルサロンであれば、自分と顧客の都合のよい場所でサービスを提供することが可能です。

固定費がかからないのでランニングコストを下げられる

レンタルサロンのメリットとして、固定費がかからずランニングコストを下げやすい点も挙げられます。自分で物件を調達して事業を営む場合、賃貸であれば月々の家賃が収支を圧迫してしまうかもしれません。

レンタルサロンであれば、必要な時に必要なだけ借りられるため、非常にリーズナブルです。場所代を価格に組み込めば(自分の人件費は別として)赤字が出づらい体制を構築することができ、収支を改善しやすくなるでしょう。

事業を営む苦労はお金の面だけではありませんが、赤字が続くと継続が難しくなるのも事実です。下げられるリスクは下げ、息の長い運営を目指しましょう。

多くのレンタルサロンはオンラインから利用申し込みが可能

レンタルサロンは、オンラインから利用申し込みを完結させられるのもメリットです。オンラインから24時間申し込み受け付けを行っているところも多いため、いつでも自分の都合がいい時に手続きを行えます。

極端な話をすれば、顧客からのアポイントが入った瞬間に場所を抑えることも可能でしょう。顧客から連絡が入った瞬間サロンの空きを確認して予約を入れることができれば、迅速かつ確実なサービス提供に繋がります。

レンタルサロンを活用すると集客しやすい?

レンタルサロンを活用すると集客しやすい?

では次に、レンタルサロン活用と集客の関係性について見ていきましょう。レンタルサロンを利用することで、集客にどのような影響が出るのでしょうか。

場所的な制限が緩和される

レンタルサロンを利用することで場所的な制限が緩和され、集客に良い影響を及ぼせるかもしれません。レンタルサロンはさまざまな地域のさまざまな場所で運営されているため、自分や顧客にとって都合の良い場所をその都度使えるのがメリットです。

自分で物件を契約しサービスを提供する場合、集客はその周辺に限定されることになるでしょう。中には遠くから通ってくれる顧客もいるかもしれませんが、多くの場合顧客は自分が通える範囲からサービスを探します。

レンタルサロンを活用しサービス提供エリアを拡大すれば、検索網に引っかかる人も増えるかもしれません。

顧客に合わせたレンタルスペースを調達できる

レンタルサロンを活用することで、顧客に合わせたレンタルスペースを調達できるようになります。顧客にはそれぞれ異なるニーズがあり好みも違うため、万人にベストなサービスや空間はありません。

であれば、各顧客のニーズに沿ったサービスを提供できれば顧客満足度の向上に繋がります。空間に関しては、物件が固定されている場合は内装を変えるくらいしか対応できませんが、レンタルサロンであれば物件そのものを変更することが可能です。

また、同じ顧客でも気分によって色々な場所を使い分けることもできるでしょう。レンタルサロンを活用すれば、こういった柔軟な運用が可能になります。

固定物件を持たないことはメリットでもあるが、信頼が低下する可能性も

これまでは固定的な物件を持たないことによるメリットを解説しましたが、もちろんデメリットも存在します。それは決まった住所(物件)を持たないことによる信頼性の低下です。

時代が変化したとはいえ、まだまだ「サロンサービスは自前の物件で提供するもの」という認識を持っている人も多いでしょう。そういった先入観があると「予約して施術を受ける際、実は決まった物件ではなくレンタルサロンでサービスを提供することを知って不安になった」となる可能性もあります。

この辺りは個人差が大きいため、一概には言えません。ただ、そういった可能性も鑑み、別の視点から顧客の不安を取り除く工夫を施すのも満足度の向上に繋がるのではないでしょうか。

レンタルサロンを使って効果的に集客するには?

では次に、レンタルサロンを使って効果的に集客するための方法について考えてみたいと思います。レンタルサロンを活用し事業を営む場合は、下記のような点に注意しましょう。

ターゲットを明確にする

一つ目は、ターゲットを明確にすることです。何らかのサービスを提供する場合、まずは「誰に向かって自分(サービス)を知ってもらおうとするか」を決めなければなりません。

この辺りが不明確だと情報を受け取った人の当事者意識が希薄なままなので、なかなかコンバージョンには結びつかないでしょう。自分や自分の手掛けているサービスに合ったターゲットを決めるには、下記のような視点が重要です。

  • 自分(サービス)の強みは何か
  • 逆に、弱みは何か
  • 自分が顧客側の場合、お金を払ってサービスを受けたいと思うか

自分やサービスの強みと弱みを知ることで、適切なターゲット像を描くことができます。たとえば「柔らかな雰囲気がウリなので、気疲れしている人を癒やしたい」「技術には自信があるので、本当に困っている人の力になりたい」などが挙げられるでしょう。

また、自分が客側の場合を想定してサービスを客観的に判断する方法もあります。いくら良質なサービスを提供していても、あまりに金額が高すぎると利用しようという気にはならないでしょう。

逆に、安すぎると不安を与えてしまうかもしれません。客観的な視点を持ち、バランス良く決めることが大事です。

自分に対する信用度を上げる

自分に対する信用度を上げることで、レンタルサロンを効果的に活用できるようになります。サロンサービスは施術者や運営者の技術や魅力、人柄によって集客するのが一般的なスタイルになるため、まずは自分を信用してもらわないとサービスを利用してもらうことができません。

加えて、前述の通りレンタルサロンをメインスペースにすることで、人によっては不安を与えてしまう可能性があります。その場合は、レンタルサロンへの不安感を自分への信用や信頼で補う必要があるでしょう。

信用を得るのは口で言うほど簡単なことではありませんが、ビジネスの基礎とも言えます。「どうすれば顧客から信用を得られるか」を常に考え実行し、少しずつ積みあげていくことが大事です。

PDCAを繰り返し回そう

PDCAサイクルを繰り返し回すことにより、事業の問題を改善することができます。PDCAというのはPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字を取った言葉であり、このサイクルを繰り返すことで業務改善を促す手法です。

計画を立て実行するところまでは多くのケースで行き着くのですが、その後に評価および改善が加わるのが特徴と言えるでしょう。

  • 実行した結果何がどうなったのか
  • それは成功なのか失敗なのか
  • より良い結果を得るにはどうすればよいのか

といった部分を考え再度プランを立て実行し、繰り返します。そうすることにより、サイクルを回しているだけでプロセスが効率化されるというわけです。

レンタルサロンを活用して顧客満足度を上げるポイント

レンタルサロンを活用して顧客満足度を上げるポイント

それでは、最期にレンタルサロンを活用して顧客満足度を上げるポイントをいくつかご紹介します。

事前にできることとできないことを精査する

レンタルサロンを利用する際には、前もってできることとできないことを精査しておきましょう。レンタルサロンにはそれぞれ規約が定められており、原則的には規約の範囲内で使用する必要があります。

シンプルに言うと「内装を大きく変えたり独自の使い方をするのは難しい」ということです。あくまでも設備や内装は汎用的なものとして想定し、それ以外の部分で独自性や強みを模索する必要があります。

また、レンタルできる備品もレンタルサロンによって違いがあるため、確認が必要でしょう。もし有料の備品を借りるのであれば、それもサービス価格に転嫁しなければなりません。

自分やサービスのアピールポイントを明確にする

自分およびサービスのアピールポイントを明確にすることで、効率的なレンタルサロンの活用に繋がります。アピールポイントを明確にするのはビジネスの基本ですが、そこを深堀りすることで自ずと「どのようなレンタルサロンを使うべきか」が定まってきます。

短時間&低価格がウリなのであれば、駅チカなど通いやすいレンタルサロンをメインにして回転率を上げる必要があるかもしれません。また、ラグジュアリーな接客やサービスを強みとするのであれば、それなりの空間を用意し価格も高めに設定する必要があるかもしれません。

このあたりは千差万別になるため、自分の特性ややりたいこと、目指すものなどを鑑みて総合的に判断しましょう。

価格を適切に設定する

最後にお伝えしたいのは、サービス価格を適切に設定することです。自分が提供するサービスの価格はさまざまな要因により決まりますが、価格が高すぎても安すぎても顧客満足度に問題が生じる可能性があります。

高すぎる場合は言わずもがな、安すぎる場合でも「本当に大丈夫だろうか」といった不安を顧客に与えかねません。実際にサービスを利用してもらい「安価なのにとても良いサービスだった」と思ってもらえればよいのですが、そうでない場合は「やはり価格相応だった」と思われてしまうでしょう。

全てがそうであるではありませんが、価格が安くても期待値が上がってしまう場合があります。サービスの価格を決定するところから、既に集客は始まっているということです。

まとめ

レンタルサロンを上手に活用すれば、集客面で良い効果を得られるでしょう。自分に合ったレンタルサロンを見つけ、事業を成功に導きましょう。

レンタルサロンBlancoでは、駅から徒歩1分の好立地にあるサロンを24時間オンライン予約可能です。利用にあたっては登録料や初期費用はかからず、時間料金だけで利用可能です。

ご利用を希望される方は、下記オンラインフォームからご予約をお願いいたします。
https://salonblanco2021.wixsite.com/website