BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. レンタルサロン
  4. レンタルサロンの使い方次第で、独立開業時の大きな助けになる
レンタルサロンの使い方次第で、独立開業時の大きな助けになる

レンタルサロンの使い方次第で、独立開業時の大きな助けになる

レンタルサロンを活用することで、独立開業時の大きな助けになります。この記事では、レンタルサロンとは何か、どのようなメリットがあるのか。

そして、独立開業時にレンタルサロンがおすすめな理由やレンタルサロンの選び方や効率的な使い方などを解説します。自分に合ったレンタルサロンを見つけ、独立開業時期をサポートしてもらいましょう。

レンタルサロンとは

レンタルサロンとは

レンタルサロンとは、どのようなサービスなのでしょうか。まずは、レンタルサロンについて解説します。

時間借りできるサロンスペースのこと

レンタルサロンは、時間単位で借りられるサロンスペースのことです。時間で借りられるスペースは他にもカラオケボックスや貸し会議室などがありますが、ああいったもののサロン版という感じです。

時間で借りられることにより、さまざまなメリットが生じるのが特徴です。詳しくは後述しますが、事業運営を大きくサポートしてくれるでしょう。

さまざまな地域で運営されている

レンタルサロンは、さまざまな地域で運営されています。もしかしたら、自宅や最寄駅の近くにあるかもしれません。

各レンタルサロンは独立的に運営されているため、必ずしも一つの場所を集中して利用する必要はありません。時々のニーズに応じて、好きな場所を選べるのも特徴です。

また、レンタルサロンによってさまざまな特徴があるため、細かく探せば自分のニーズに合ったところを見つけられる可能性があります。自分に合ったレンタルサロンを見つけることができれば、事業運営の大きな助けになります。

レンタルサロンのメリット

レンタルサロン活用のメリットとして、下記のような点が挙げられます。

必要な時に必要なだけ借りられる

レンタルサロンの大きなメリットは、必要な時に必要なだけ借りられる点です。時間貸しによる利点にはさまざまなものがありますが、主に下記に集約されるでしょう。

  • 自分と顧客の都合のいい場所でサービスを提供できる
  • コストが最適化できる

自分と顧客にとって都合のいい場所でサービスを提供できれば、満足度の工場に繋がります。加えて、レンタルサロンの利用を必要な時のみに限定すれば、コストの最適化も可能でしょう。

いずれも、事業運営を大きくサポートしてくれます。

オンラインから予約申し込みが可能

レンタルサロンのメリットとして、オンラインから予約申し込みが可能な点も挙げられます。多くのレンタルサロンでは、24時間サイトから予約申し込みを行えるため、忙しい人でもインターネットを通して利用の申し込みを完了させられます。

自宅からPCで行うこともできますし、出先からスマホを使って予約することもできるでしょう。スキマ時間を有効に使い、事業を効率化させられるわけです。

独立開業時にレンタルサロンがおすすめな理由

では次に、独立開業時にレンタルサロンがおすすめな理由を解説します。レンタルサロンを活用することで、どのように独立開業時期を乗り越えられるのでしょうか。

初期費用とランニングコストを大きく削減できる

レンタルサロンを事業に活用することで、初期費用やランニングコストを大きく削減できます。事業運営における大きなコストとして(業種にもよりますが)「地代家賃」が挙げられるわけですが、レンタルサロンであれば必要な時に必要なだけ借りられるため、コストの最適化に繋がります。

レンタルサロンを使わない場合、自分でテナント物件を探し契約する必要があるでしょう。不動産を借りると、事業の売上に関わらず初期費用や月々のランニングコストがかかってきます。

すなわち、売上がゼロでもコストを支払う必要があるわけです。独立開業時は顧客が少なく今後どうなるかも見込めないため、いきなり不動産契約をするのはそれなりのリスクです。

レンタルサロンであれば、顧客からのアポイントが入った時のみスペースをレンタルすることができます。レンタル料を価格にしっかり転嫁していれば、事業が赤字になる可能性を低く抑えられます。

事業運営に持続性をもたせられる

赤字運営を避けることで、事業運営に持続性をもたせられます。顧客からのアポイントが入った時のみレンタルサロンを借りれば、家賃等の面からは赤字にならず、事業を長く続けられる可能性が高まります。

好き好んで廃業したい人はいないかと思いますが、事業の運営は難易度が高いため、気を抜くと赤字→廃業の道を辿るケースも少なくありません。売上を向上させるのは時の運もあるため100%思い通りにはいきませんが、コストの削減は努力次第で可能です。

事業を長く続けるためにも、正しいレンタルサロンの使い方を模索しましょう。

地理的制限の緩和

レンタルサロンを利用すれば、地理的制限の緩和にも繋がります。レンタルサロンはさまざまな地域で運営されているため、その都度自分や顧客の都合のいい場所をレンタル可能です。

自分で不動産を契約している場合、集客範囲はどうしてもその近隣に限定されるでしょう。知名度が上がったら遠方からの来店もあるかもしれませんが、原則的に集客範囲は制限されると考えた方が無難です。

レンタルサロンであれば、自分のフットワーク次第で集客範囲を大きく広げられます。自身のサービスを求めている顧客が近隣に居住しているとは限らないため、なるべく柔軟に集客したいところではないでしょうか。

自分に合ったレンタルサロンを選ぶには?

自分に合ったレンタルサロンを選ぶには?

続いて、自分に合ったレンタルサロンの選び方をご紹介します。

自分や顧客にとって都合のいい場所を選ぶ

自分や顧客にとって都合のいい場所にあるレンタルサロンを活用すれば、多くのメリットが得られます。自分の自宅や会社の近くを借りればサービスを提供しやすくなりますし、顧客の近くのレンタルサロンを借りれば顧客の来店負担を減らせます。

レンタルサロンのいいところは、フレキシブルな活用が可能な点です。加えて、常に同じ場所を使う必要もないため、同じ顧客でも気分を変えるために別の場所を利用するといった使い方も考えられます。

自分に合ったレンタルサロンを見つけるまでは、色んな場所を使ってみるのも手かもしれません。

一度客として使ってみるのもアリ

気になるレンタルサロンがあったら、一度客側でサービスを受けてみるのもアリではないでしょうか。そのレンタルサロンでサービスを提供している事業者を探すのは少々大変かもしれませんが、客側で利用することにより内部の雰囲気や施設レベルなどを直に味わえます。

イメージ通りであればそのまま自分が利用できますし、そうでない場合は別のところを探すのもよいでしょう。また、一度イメージにそぐわず候補から外れたレンタルサロンも、時を経たら魅力的に変化するかもしれません。

施設自体は変わらずとも、自身の事業が変化するケースもあるからです。

忙しい人はオンラインから予約申し込みできるところがおすすめ

多くのレンタルサロンは、24時間オンラインから申し込みが可能です。インターネットから簡単に予約申し込みを完了させられるため、忙しい人にとっては有用でしょう。

自宅や会社であればPCを利用して、出先であればスマホを利用して申し込めます。 もちろん部屋が空いていればの話ですが、空き状況も簡単に確認できるため、多くの面で利便性の高さを得られます。

レンタルサロンの効果的な使い方

では次に、レンタルサロンの効果的な使い方について考えてみましょう。

レンタルサロンの特色を知る

レンタルサロンにはそれぞれ特色があるため、そこを理解することで効果的な使い方ができます。実際に使ってみるまではなかなか分からないかもしれませんが、規約やHPの雰囲気、現地に行って外から眺めてみることで、ある程度は掴めるかもしれません。

大事なのは、事業のアピールポイントとレンタルサロンの特色をマッチさせることです。リラクゼーションが主軸のサービスなのに、部屋が狭かったり隣の物音が頻繁に聞こえるようでは世界観が崩れてしまうでしょう。

そうならないためにも、レンタルサロンの特色に加え、自身がどのようなサービスを提供したいかを考える必要があります。

顧客からのアポイントが入ってから申し込む

レンタルサロンの利点は、必要な時に必要なだけ使えるところです。それを有効活用するために、顧客からのアポイントが入ってからレンタルサロンを抑えるのも手ではないでしょうか。

そうすれば、レンタルサロンの利用料がかかる時は必ず売上が立っていることになるため、事業収支の圧迫を防げます。ただ、顧客からのアポイント→時間差でレンタルサロンを予約という形だと、顧客の希望日時が空いてない可能性もあります。

その場合は顧客と何度もやり取りして相手方に負担をかけるため、できれば顧客のアポイントと同時にレンタルサロンを抑えたいところです。

気分を変えるために異なるサロンを使うという手も

基本的に、同じ顧客へのサービスであれば同じレンタルサロンを使うことが多いかと思います。大きな問題がなければ場所を固定した方が顧客も来店しやすく、自身も準備しやすいからです。

ただ、何度も同じレンタルサロンを使っていると飽きてくるかもしれません。その場合、気分を変えるために異なるサロンを使う手もあります。

もちろん、闇雲に変えるのではなく、ちゃんと顧客の承認を得て行うことが大事です。自分の都合で勝手に場所を変えると顧客に不信感を与える原因にもなるため、顧客としっかり話し合った上で決めることをおすすめします。

サロン事業の根幹は、やはり顧客とのコミュニケーションです。顧客をないがしろにする人は少ないかと思いますが、それだけでなく相手の心情や欲求、思惑を察知し、一歩先のサービスを提供するのがポイントです。

レンタルサロン活用の注意点

レンタルサロン活用の注意点

活用すれば大きなメリットがあるレンタルサロンですが、いくつか注意点も存在します。続いて、レンタルサロン活用の注意点について解説します。

規約をしっかりと確認する

レンタルサロンにはそれぞれ規約が定められているため、利用前にしっかりと確認しておくことが大事です。各レンタルサロンには特色があると前述しましたが、細かな特色は規約に記載されていることも多いでしょう。

規約には、そのレンタルサロンでできることやできないことも記載されています。自分が体現したいサービスや世界観がある場合、利用予定のレンタルサロンで可能かどうかをあらかじめ確認しておく必要があるわけです。

規約は、時に長文で記載されていることもあります。全てに目を通すのが大変な場合は、店舗に直接問い合わせるのも手です。

規約に関することだけでなく、電話対応の質などからレンタルサロンの雰囲気を掴むことができるかもしれません。もちろん、不要なのにわざわざ電話をかけるのは控えた方がいいでしょう。

利用前に現地に足を運んでみる

利用する前に現地に直接足を運んでみることで、実際の雰囲気を掴むことができます。あくまで外観や受付程度にとどまるかもしれませんが、最寄り駅からの距離や道筋、周囲の空気感などは明確になります。

レンタルサロンを初めて利用する場合、道に迷ってアポイントの時間に遅れてしまうといったこともあるかもしれません。顧客を待たせてしまうことでサービスへの満足度が下がり、リピートを失ってしまうこともあるでしょう。

そのような事態にならないためにも、利用前に足を運んでみることをおすすめします。外観や周囲の空気感がイメージと大きく違う場合、利用を取りやめるという選択肢も生まれます。

100%理想通りのレンタルサロンを見つけるのは大変難しいですが、妥協できないポイントはしっかりと抑えておきましょう。

まとめ

レンタルサロンの使い方次第で、独立開業時の大きな助けになります。初期費用やランニングコストの削減、事業収支の改善などが主な理由です。

それ以外にも、集客範囲を広げられたり顧客とのコミュニケーション機会を得られるようなこともあるでしょう。自分や顧客に合ったレンタルサロンを見つけ、事業を成功に導きましょう。

レンタルサロンBlancoでは、駅から徒歩1分の好立地にあるサロンを24時間オンライン予約可能です。利用にあたっては登録料や初期費用はかからず、時間料金だけで利用可能です。

ご利用を希望される方は、下記オンラインフォームからご予約をお願いいたします。
https://salonblanco2021.wixsite.com/website