BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. レンタルサロン
  4. レンタルサロンとは?サロンを手軽に開業できるサービスについて解説
レンタルサロンとは?サロンを手軽に開業できるサービスについて解説

レンタルサロンとは?サロンを手軽に開業できるサービスについて解説

レンタルサロンを活用することで、事業運営にさまざまなメリットをもたらすことができます。この記事では、レンタルサロンとは何か、レンタルサロンのメリットとデメリット。

そして、レンタルサロンの効果的な活用方法などをご紹介します。

レンタルサロンとはどのようなサービスか

レンタルサロンとはどのようなサービスか

レンタルサロンとは、どのようなサービスなのでしょうか。まずは、レンタルサロンについて解説します。

レンタルサロンは、時間単位で借りられるサロンスペースのこと

レンタルサロンとは、時間単位で借りることのできるサロンスペースのことです。同じ時間単位で借りられるサービスとしては「カラオケBOX」や「コワーキングスペース」などがありますが、ああいったもののサロン版という認識でよいでしょう。

スペースを時間単位で借りることにより、さまざまなメリットが生じるのがレンタルサロンの特徴です。詳しくは後述しますが、事業運営におけるさまざまなリスクを減少させることができます。

さまざまな場所で運営されている

レンタルサロンはさまざまな場所で運営されており、利用者は好きなところを選んで利用可能です。多くは駅チカなど利便性の高い場所にありますが、探せば意外な場所が見つかるかもしれません。

さまざまな場所で運営されているということは、その都度自分が好きな場所を利用できるということです。それによるメリットが得られるのも、レンタルサロンの特徴と言えるでしょう。

多くは24時間オンラインで予約可能

レンタルサロンの多くは、オンラインから利用申込みが可能です。営業自体は24時間体制ではないものの、予約はインターネットを通して24時間受け付けているところが多いです。

インターネットにさえ繋がればいつでもどこでも空きを確認し、予約を取ることができます。レンタルサロンは非常に便利なサービスですが、空いてる時間を自分で確保しないと使えません。

外出時にもスマホなどを利用し予約申し込みができるのは、忙しい人にとっては助かるのではないでしょうか。

レンタルサロンのメリット

続いて、レンタルサロンのメリットについて詳しく解説します。レンタルサロンを利用すれば、一般的に下記のような恩恵が得られるでしょう。

事業コストを大きく節約できる

レンタルサロンを適切に活用すれば、事業にまつわるコストを大きく節約することができます。コストを節約できればできるほど事業運営のリスクを減らせ、息の長い体制を構築することが可能です。

サロン運営にあたり無視できないコストとして「地代家賃」が挙げられます。一般的にサロンを運営する場合は自身でテナント物件を借りる必要がありますが、その場合は初期費用に加え少なくない額のランニングコストがかかります。

家賃というコストの難しいところは、サービスの利用があってもなくても同じ負担がかかる点です。「今月は売上が立たなかったので家賃を免除してほしい」というわけにはいかず、売上をコストが上回った場合は赤字になってしまいます。

レンタルサロンであれば、顧客からの申込みが入った時のみの利用になるので、コストも限定的です。極論、サービス利用者がゼロの場合はレンタルサロンにかかる費用もゼロになるため、地代コストによって赤字になる可能性はほぼありません。

集客範囲を拡大できる

レンタルサロンを利用することで、集客範囲の拡大が見込めます。自身でテナント物件を借りる場合はサービス提供場所が固定されるため、その周辺の人が見込み客になります。

名前が売れていれば遠方から来店する顧客を抱えられるかもしれませんが、創業時には難しいでしょう。

一方、レンタルサロンであれば自身のフットワークが及ぶ範囲まで見込み地域を拡大することができます。無限に範囲を広げられるわけではありませんが、工夫次第で距離が離れている顧客の取り逃しを防げます。

都合に合わせた場所を利用できる

その都度、自分や顧客に合わせた場所を利用できるのもレンタルサロンのメリットです。好きな場所を利用できることで集客範囲を広げられるのは前述の通りですが、それ以外にも下記のような利点があります。

  • 自分に合ったレンタルサロンを見つけられる
  • 気分転換に色んな場所を利用できる
  • 汎用性の高いサービス体制を構築できる

色々なレンタルサロンを利用すれば、自分に合ったところを見つけることができるかもしれません。レンタルサロンにもそれぞれ特色があるため、合うところと合わないところがあります。自分に合ったレンタルサロンを見つけられれば、事業を大きくサポートしてくれます。

メインで使いたいレンタルサロンが見つかったとしても、気分転換に違う場所を利用することもできます。さまざまなレンタルサロンを利用することにより、場所に依存しない汎用性の高いサービス体制も構築できるでしょう。

レンタルサロンのデメリット

レンタルサロンのデメリット

では逆に、レンタルサロンにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。次に、レンタルサロンの不便な点について解説します。

予約が空いていないと利用不可

レンタルサロンは有限的なスペースを貸し出すサービスなので、利用したい場所が空いていないと使うことができません。自分でテナント物件を確保すれば24時間いつでも好きな時に使い放題なのに対し、レンタルサロンは制限的と言えるでしょう。

すなわち、顧客からの申込みが入っても、その時間にスペースが空いていないと断らなければならない可能性があるということです。せっかくの機会を失うのは非常にもったいないため、単一ではなく複数のレンタルサロンを視野に入れておきたいところです。

場合によっては柔軟性が下がる

自分で契約したテナント物件であれば、顧客の要望に柔軟に対応することができます。たとえば、直前にキャンセルが発生しても(売上は発生しませんが)別途費用がかかることもありません。

一方、レンタルサロンの場合はキャンセル料がかかる可能性があります。顧客からの入金が見込めないのにキャンセル料を支払うと赤字になってしまうため、こちらもキャンセル料を設定するなどの対策が必要です。

できることとできないことがある

レンタルサロンには、それぞれできることとできないことがあります。一般的なサロンサービスが想定されているスペースで、その域を超えるサービスを提供するのは難しいでしょう。

レンタルサロンはあくまでスペースのレンタルサービスなので、自前のテナントに比べるとできることの幅は制限されます。レンタルサロンを主軸にサービスを展開するのであれば、なるべく汎用性の高い運営体制を構築する必要があります。

レンタルサロンの効果的な使い方

レンタルサロンのメリットとデメリットを踏まえ、なるべく効率的に活用したいものです。続いて、レンタルサロンの効果的な使い方について解説します。

開業時に利用することで初期コストの節約

開業時にレンタルサロンを利用することで、初期コストやランニングコストを大きく節約できます。レンタルサロンは自分でテナント契約するのとは異なり、使った分だけ費用を支払えばいいからです。

レンタルサロンを活用してサービスを提供する場合、原則的に売上が立った時のみコストが発生する形になります。ということは、サロンスペースのレンタル料を考慮して価格設定すれば赤字を回避できるわけです。

開業当初は常連客もおらず過去のデータもないため、売上予測も立てづらい時期です。そのような時はなるべくコストを節約しリスクを減らすことで、事業の生存確率を高められます。

サービスの運営が軌道にのってきたら、改めて自前の物件を設けるやり方も考えられるでしょう。今後どうなるか分からないからこそ、なるべく小さくスタートするのが無難です。

顧客からのアポイントが入ってから予約申し込みを行う

顧客からのアポイントが入ってからレンタルサロンの予約申し込みを行うことで、機会損失を防げます。両者にタイムラグが生じると「顧客の希望日時にレンタルサロンを確保できなかった」という事態になり、再度日時を指定してもらう必要が生じます。

顧客が快く応じてくれればよいのですが、人によっては面倒だからキャンセルとなるかもしれません。サービスの利用意思があるのに、こちらの不手際で機会を失うのはもったいない話です。

顧客からのアポイントが入ってからすぐに予約申し込みを行うことで、その場で予約を確定させられます。加えて、複数のレンタルサロンを横断的に活用し、空き確保の精度を高めるやり方も考えられます。

複数のレンタルサロンを利用する

複数のレンタルサロンを利用することで、レンタルサロン活用におけるリスクを減らせます。前述のような空きの確保も一つですし、顧客満足度の向上にも繋げられます。

複数のレンタルサロンを利用すれば、より顧客ニーズに沿った場所の提供ができるでしょう。単一のサロンのみであれば、地理的には自前で物件を用意するのとあまり変わりがありません。(コスト的には大きな違いがありますが)

異なる場所で運営されているレンタルサロンを複数活用することで、レンタルサロンをより効果的に活用することができます。

レンタルサロン活用の注意点

レンタルサロン活用の注意点

続いて、レンタルサロン活用の注意点についてお話します。レンタルサロンを利用する際には、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

規約をしっかりと確認する

レンタルサロンにはそれぞれ規約が設けられているため、利用前に確認しておきましょう。規約を確認することでレンタルサロンの特色やシステムを把握でき、利用後に起こりうるトラブルを防げます。

提供しようとしているサービスの実施が可能かどうかはもちろん、キャンセル料や備品・設備の有無、価格などの確認をおすすめします。必要ない場合もあるかもしれませんが、当日何が起こるかは分からないため、事前に規約に目を通しておくことをおすすめします。

余裕があれば一度現地を見るのも手

余裕があれば、利用前に一度現地を見るのもよいでしょう。レンタルサロンのサイトを見ればある程度特徴を把握できますが、周辺の雰囲気や空気感などは直接見なければ分かりづらいかもしれません。

直接出向くことで、駅からの道筋を確認することもできます。もし顧客が道に迷った場合でも適切にナビゲートできるため、顧客満足度や信用度を高める機会にもなります。

現地を確認しないまま当日を迎えると、自分が迷って遅刻してしまう恐れもあるでしょう。自分が遅れることで顧客を待たせてしまうと共に、サービス提供の時間も削られることになります。

そうなると顧客が大きな不満を抱く可能性もあるため、できれば利用前に確認することをおすすめします。

顧客からのフィードバックを得る

顧客からのフィードバックを得ることで、サービス内容の改善に繋げられます。サービス提供時に顧客の反応を伺うのも手ですが、できればアンケートなどで意見を募りたいところです。

紙のアンケートでもよいのですが、Webを活用することで利便性を高められます。Webに集まったアンケート内容をそのまま集計でき、目に見える形で出力できるからです。

フィードバックをどのようにサービスに反映させるかはケースバイケースですが、大事なのはターゲット層と自身が提供するサービスとの相性です。ターゲット層でない顧客の意見を聞きすぎると、本来サービスを提供したいターゲット層から遠ざかってしまうかもしれません。

継続的な事業運営には、ブレない軸も大事です。

まとめ

レンタルサロンとは、サロンスペースを時間単位で借りられるサービスです。レンタルサロンを活用することで事業運営のコストを大きく削減でき、他にもさまざまなメリットがあります。

レンタルサロンBlancoでは、駅から徒歩1分の好立地にあるサロンを24時間オンライン予約可能です。利用にあたっては登録料や初期費用はかからず、時間料金だけで利用可能です。

ご利用を希望される方は、下記オンラインフォームからご予約をお願いいたします。
https://salonblanco2021.wixsite.com/website