BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. レンタルサロン
  4. レンタルサロンにおける個人サロンの始め方とは?開業のメリットを徹底解説
レンタルサロンにおける個人サロンの始め方とは?開業のメリットを徹底解説

レンタルサロンにおける個人サロンの始め方とは?開業のメリットを徹底解説

記事の監修石川博幸(いしかわひろゆき)

記事の監修石川博幸(いしかわひろゆき)

2020年からレンタルスペース業界に参入、レンタルスタジオとレンタルサロンの運営を開始。
2024年には民泊事業も展開、運営開始。
お客様対応、清掃などに力を入れておりお客様より評価の声を多数いただいております。
現在では、レンタルスタジオ1店舗、レンタルサロン2店舗、民泊1店舗の運営をしており、今後はノウハウの展開などにも力を入れていく予定。

ネイリストやアイリスト、エステティシャンとして働く人の中には、独立開業を意識されている方も多いでしょう。独立開業するならば、レンタルサロンの活用がおすすめです。本記事では、レンタルサロンの概要や利用方法、メリット・デメリットについて解説いたします。

レンタルサロンを活用した独立開業をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

レンタルサロンとは?

レンタルサロンとは?

まずはレンタルサロンについて解説します。

レンタルサロンとはその名の通り、使いたいタイミングでレンタルできるサロンのことです。エステ、マッサージ店を営む人やワークショップを開催する人などが多く利用しています。

レンタルサロンは時間単位で借りられることが多く、利用料金は利用時間に応じて変化します。中には月単位でレンタルできる場所もあるので、長期にわたって利用したい場合は、そちらがおすすめです。

敷金や礼金がかからないため、開業に必要な初期費用を大幅に節約することが出来ます。また、ベッドや机など、施術に必要な大型家具が設置されている場合には、搬入の負担を軽減することが出来るため、安心です。

レンタルサロンはどんな人におすすめ?

レンタルサロンはどんな人におすすめ?

次に、レンタルサロンを活用した独立開業をおすすめしたい人をご紹介します。

レンタルサロンは、開業に必要なお金を節約したいと考えている人におすすめです。利用したいときだけ借りることが出来るレンタルサロンは、店舗を構える必要がないため、毎月の賃料や税金がかかりません。

また、敷金や礼金がかからないため、初期費用を抑えることが可能です。場所によってはベッドなど施術に必要な設備が揃っていることもあるため、買いそろえるためのお金も節約することができるでしょう。

サロンを開業する立地を自由に選びやすいという点も長所の一つです。立地の良い土地は家賃などが高いことが多く、開業したては経済的な負担が大きくなりやすいですが、レンタルサロンを活用する場合は、そのようなお金が必要ありません。

自分にとって仕事がしやすい土地でサロンを開業しやすいため、開業する場所にこだわりがある方は、ぜひレンタルサロンを利用してみてはいかがでしょうか。

レンタルサロンで開業するために必要な準備

レンタルサロンで開業するために必要な準備

次に、レンタルサロンを利用して自分のサロンを開業するために必要な準備について解説いたします。レンタルサロンの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

契約書の内容を確認する

レンタルサロンを利用する際は、契約書の内容をよく確認しましょう。

レンタルサロンを選ぶときは、まずは契約書を交わす形で契約するサロンかどうかを基準にしてください。利用にあたり契約書を必要としないサロンは、トラブルが発生した場合に様々な責任を問われてしまうリスクがあるため、初めから利用しないことをおすすめします。

サロンとの間に交わした契約書の内容は十分に確認しましょう。予期せぬトラブルが発生した時の責任の所在や、契約期間、金額など、レンタルサロンの利用について重要なことはすべて契約書に書かれています。

レンタルサロンの安全な利用には、契約書の内容を十分に確認することが必要です。

備品を購入する

レンタルサロンを利用して自分のサロンを開業する前に、施術に必要な備品を揃える必要があります。

ベッドや専用機材などの大型器具に加え、スリッパやティッシュ、タオルなど、お客様をもてなすためのこまごまとした備品を買い揃えることも大切です。

特に、レンタルサロンの場合は、サロンの利用時間が決められているため、事前に荷物を置いておくことができません。

サロン運営を問題なくこなすには、開業前に必要な備品をリストアップして、不備の内容にそろえておくことが重要です。

レンタルサロンを利用する前に、必要な設備を全て購入しておきましょう。

集客を行う

レンタルサロンを利用して自分のサロンを開業する場合は、お店への集客方法についても十分に検討する必要があります。

通常のサロン開業の場合は、固定の曜日に決まった場所で施術を行うため、自然に新規顧客を掴むことも望めます。

しかし、レンタルサロンを利用する場合は、開業する日付や日数が不定期なので、通りがかりの人にお店を知ってもらうなどの機会を掴むことができません。

レンタルサロンを利用した開業で顧客を得るには、事前に集客を行う必要があります。

サロンのコンセプトやターゲット層にマッチした集客方法について考えてみてはいかがでしょうか?

サロン内の雰囲気を整える

レンタルサロンを利用して自分のお店を開業するときは、内装の装飾にこだわることをおすすめします。

サロンの利用者は、癒しや非日常感を求めています。サロンのコンセプトにマッチした空間づくりに挑戦することによって、顧客満足度を高めることも可能です。

逆に、サロン内に生活感が溢れていたら、利用者の期待に応えることができないかもしれません。サロン内を清潔に保つことはもちろんのこと、装飾品や使用する家具のカラーやデザインにも気を配ることが大切です。

顧客満足度アップやリピーター獲得を目指している方は、ぜひサロンの内装にもこだわってみてください。

レンタルサロンの利用手順とは?

レンタルサロンの利用手順とは?

次に、実際にレンタルサロンを利用して独立開業する際の手順を紹介します。

1.サロンイメージを明確にする

まずは、サロンイメージを明確にしていきましょう。どのようなお店を持ちたいのか、ターゲットとする客層やサロンの雰囲気などを具体的に考えてみてください。

他のサロンを参考にしたり、実際に独立開業している人の意見を聞いてみるのもおすすめです。アイデアを紙にメモしたり、イラストや写真を交えて可視化しておくと、実際にサロンを選ぶ際に役立てることが出来ます。

サロンイメージを明確にすることで、利用すべきレンタルサロンが分かってくるかと思います。効率的にサロン選びを行えるようになるため、サロンイメージはしっかりと持つと良いでしょう。

2.サロンをレンタルする

サロンイメージが固まったら、実際にサロンをレンタルしていきます。

気になるサロンのホームページやSNS、レンタルサロン紹介サイトを確認し、利用可能かどうかを確認しましょう。

利用料金や立地、予約方法や特徴をチェックして、問題がない場合は申し込みを行います。

アロマやオイルなど、香りがあるアイテムは使用禁止なレンタルサロンもあるため、施術で使用する場合は注意事項を確認してください。

3.機材・備品を用意する

サロンをレンタル出来たら、施術に必要な機材や設備を用意しましょう。

レンタルサロンによっては、机や椅子、ベッドなどの設備が用意されている場所もあります。しかし、場所だけを貸し出しているサロンの場合は、自分で用意しなければなりません。

また、ティッシュなどの消耗品やタオル、お客様用のスリッパなどのアイテムは自分で用意する場合がほとんどです。

利用するレンタルサロンにどのような設備が用意されているのか、開業に必要な設備や備品は何なのかを今一度しっかりと確認しましょう。

4.開業届の作成・提出する

開業の準備が整ったら、開業届を作成し、個人事業主として事業を始めて行きましょう。

株式会社や合同会社として事業を展開することも可能ではありますが、売上が見込めない場合や、金銭面での不安が残る場合には、個人事業主として開業することをおすすめします。

開業届は、本業・副業関わらず個人で事業を始める場合には、1ヶ月以内に税務署に届け出る書類になるため、必ず作成し、提出しましょう。

最近は書面で作成する方法の他にも、ネットで申請する方法もあるため、開業準備などで忙しい場合にも、手軽に提出することが出来ますよ。

レンタルサロンを利用するメリット

レンタルサロン・シェアサロンのメリット

次に、レンタルサロンを利用するメリットを紹介していきます。

初期費用を節約できる

繰り返しお話している通り、レンタルサロンを活用することで、独立開業に必要なお金を節約することが出来ます。

テナントを利用する際に必要となる賃料や契約費用、設備や機材を購入する際にかかるお金を節約することが出来るため、軌道に乗るまではお金を貯めておきたいとお考えの方や、資金面で不安を感じている方には、レンタルサロンがおすすめです。

また、レンタルサロンは時間単位で借りることが出来るため、初めての独立開業で業務に慣れていないという方も、安心して働くことができるでしょう。

好立地を選びやすい

レンタルサロンは、テナントを利用したり新たに店舗を建てる場合に比べ、立地の良い場所を選ぶハードルがグッと低くなります。

立地の良い場所にサロンを開業することは、事業を円滑に進めていくうえで非常に重要なことです。好立地な場所で営業することで、安定した集客を見込めますし、宣伝効果を期待することもできます。

しかし、立地の良い場所はその分家賃が高くなりやすいため、テナントを借りる場合などは金銭的な負担が大きくなってしまいます。

その点、レンタルサロンを活用する場合、必要なお金は利用料金のみなので、立地の良い場所で開業できる確率は高くなるでしょう。

独立開業の際、店舗の立地にこだわりたいとお考えの方は、ぜひレンタルサロンを活用してみてはいかがでしょうか。

住所を公開しやすい

サロンの独立開業を考える方の中には、女性一人での経営を行おうと計画している人も少なくありません。

そうなるとやはり心配になるのが、防犯上の問題です。女性が一人で運営しているお店の住所を公開するのはリスクが大きいため、ホームページやSNSなどには住所を掲載していないお店もあります。

しかし、お店の場所を公開しないことで来店のチャンスを逃してしまうことも十分に考えられます。開業当初は集客を安定させることも重要です。可能な限り、多くのお客様を獲得したいと考える人が大半ではないでしょうか。

レンタルサロンの場合は、問題があればすぐに営業場所を変更することができるため、比較的住所を公開しやすいと言えます。

サロンに足を運ぶタイミングも営業時間のみなので、一人でいる瞬間を減らすことができるでしょう。

独立開業にあたり、防犯面が気になるという方は、レンタルサロンを検討してみてはいかがでしょうか。

自分のタイミングで利用することが出来る

レンタルサロンは自分の好きなタイミングでサロンを利用することが出来るため、予約が入っているときだけ営業を行うというスタイルを選ぶことも可能です。

子育て中の方や、副業としてサロン経営を行っている方などは、サロンの運営だけに注力するというのも難しいでしょう。スキマ時間でサロン運営を行いたいと考えている方にこそ、レンタルサロンはおすすめです。

レンタルサロンの多くは、時間単位で利用料金が発生します。テナントを借りるよりもかなり手ごろにサロンを利用することができるのです。

家事や育児とサロン運営を両立させたい、副業でサロン運営を始めたいとお考えの方は、ぜひレンタルサロンを活用してみてはいかがでしょうか。

レンタルサロンを利用するデメリット

マッサージ師として独立するデメリット

次に、レンタルサロンを利用するデメリットをご紹介します。

設備が揃っていない場合がある

レンタルサロンの中には、スペースを貸し出すのみで、ベッドや椅子などの接客に必要な設備は一切貸出さないという場所もあります。そのようなサロンを利用する場合は、当然自分で機材や設備を用意しなければなりません。

さらに、レンタルサロンは時間単位での貸し出しが基本なので、利用時間が終了したら原状回復に努める必要があります。大型の機材や設備を利用する場合は、搬入や設置、撤去に時間と手間を要してしまうでしょう。

体力に自信のない方がレンタルサロンを利用する場合は、搬入や設置、撤去を手伝ってくれる人を探すか、軽量な設備を利用するなどの対策を練ることをおすすめします。

また、開業資金を節約したいとお考えの方には、設備が揃っているレンタルサロンが合っているでしょう。大型の家具や設備は高価な場合が多いため、節約を考えている方は、レンタルサロン選びを丁寧に行うと良いでしょう。

清掃が行き届いていない場合も

レンタルサロンは時間単位で利用することができるため、タイミングによっては自分が利用する直前まで、別の人に部屋が利用されていることもあるでしょう。

サロンによっては、部屋の清掃は利用者自身が行うルールになっている場合もあるため、いざ入室してみたら清掃が行き届いていない…なんてこともあるかもしれません。

お客様に清潔な空間を提供したいとお考えの場合は、サロン利用時、少し早めに入室し、掃除を行うと良いかもしれません。

トイレや水回りなどは汚れが目立ちやすく、またサロンの印象を大きく左右するため、清潔な雰囲気を演出したい場合は、開店前にしっかりとチェックするよう心がけてみてください。

レンタルできないタイミングがあることも

レンタルサロンは週末や祝日などに人気が集中しやすい傾向にあります。人気のエリアやサロンの場合は、希望した日に予約を取ることができないこともあります。

一方、平日は希望通りに予約を取れるケースが多いため、確実に営業を行いたいときは平日を狙うと良いでしょう。

自身のサロン店舗を持つ場合と違い、いつでも好きなときにサービスを提供できるとは限らないという点はデメリットであると言えますが、やはりお金を節約できる点や独立開業を手軽に目指せる点は大きいです。

レンタルサロンを活用して独立開業を目指している方は、出店を希望するエリアのレンタルサロンの混雑状況をチェックしてみてください。

レンタルサロンで開業した場合の集客方法は?

レンタルサロンで開業した場合の集客方法は

レンタルサロンを活用して開業する人の多くが、営業場所や営業時期が不定期になることを想定しているのではないでしょうか。

お客様から予約が入ったときだけ営業することができるレンタルサロンを活用した開業は、営業形態が柔軟になりやすい傾向にあります。

その分、集客方法に悩んでいるという人も多いでしょう。レンタルサロンを活用して独立開業する人におすすめの集客方法が、ホームページやSNSの活用です。

ホームページやSNSを利用して発信を続け、投稿を見た人に自分のファンになってもらうことで、集客を目指すことができます。

インターネットを利用した集客は無料で始められるものが多いこともメリットです。利用者を増やしたいとお考えの方は、ホームページやSNSの運用を始めてみてくださいね。

レンタルサロンを利用した独立開業に必要な費用は?

レンタルサロンの料金相場はどれくらい?メリットやデメリット、適切な活用方法についても解説

レンタルサロンを利用した独立開業は、自身で店舗を確保する方法に比べるとお金を節約できるとお話してきましたが、実際のところ、開業資金はどれくらい用意しておけばいいのでしょうか。

レンタルサロンの利用料金は、地域や規模によって様々なので、断言することはできません。しかし、一般的に1時間あたり1,000円~10,000円程度でレンタルできることが多いです。

初期費用としては、施術に必要な設備や機材、そしてサロンを運用するために必要なスリッパやティッシュ、タオルなどの備品を揃えるお金が必要となります。

自身のお店を営業していくには何が必要なのか、営業する頻度や時間はどのくらいなのかを考えることで、必要な金額が判明するかと思います。

レンタルサロンの選び方

レンタルサロンの選び方

次に、レンタルサロンの選び方について解説します。レンタルサロンの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

開業したい土地から選ぶ

レンタルサロンの特徴の一つが、人気の高い街でも比較的安価にサロン開業に挑戦できる点です。

レンタルサロンの利用料金は時間単位で請求される場合が多いので、サロン開業のための貯金が十分でない場合でも手軽に利用することができます。

人が多く人気の高い街は、集客の面でも有利です。交通の便が良いため、多くの顧客を呼び込むことが可能となります。

その分、テナントや賃貸物件を利用してサロンを開業する場合には、多額の初期費用がかかりますが、レンタルサロンを活用した開業であればその心配もいりません。

レンタルサロンは、開業したい街を基準に選ぶことをおすすめします。

サロンの雰囲気から選ぶ

自分のサロンを開業する際は、どのようなサロン空間を作り上げたいのかを明確にイメージすることも重要です。

リラックスできるようなサロンや、清潔感溢れるサロン、高級感のあるサロンなど、自分のお店に関する理想は様々だと思います。

思い描く理想のサロン像に合わせてレンタルサロンを選ぶ方法もおすすめです。落ち着いた雰囲気のサロンを開業したいのであれば、周辺地域についても注目する必要があります。

内装にこだわりたいのであれば、築年数や設備についてもチェックすると良いでしょう。

自身のサロンイメージが明確な場合は、サロンの雰囲気に合わせてレンタルサロンを選んでみてください。

利用料金で選ぶ

レンタルサロンの利用料金は、地域や設備の違いによって差があります。そのため、利用するレンタルサロンの利用料金を基準に選ぶ方も多いです。

レンタルサロンの利用料金は基本的に時間単位で請求されます。一時間1,000円~の価格帯が多く、一日通して利用しても、負担額が大きくなりにくい点がメリットの一つです。

サロンの開業資金を節約したいとお考えの方は、安く利用できるレンタルサロンを探してみてください。ただし、アクセスの快適さや設備の幅は狭まる可能性が高いです。

レンタルサロンを利用する際は、料金とサロン設備のバランスを意識することが大切です。

レンタルサロンを利用した独立開業を成功させるコツ

次に、レンタルサロンを利用した独立開業を成功させるコツを紹介します。

集客に力を注ぐ

レンタルサロンは、意識的に集客を行わなければ、顧客が足を運ぶ機会に恵まれにくいという特徴があります。

テナントや賃貸物件を利用して、一定の場所に店舗を構えるタイプのサロンであれば、たまたま通りがかった人が新規顧客になったり、以前からサロンの存在を知っていた人が利用してくれることも考えられます。

しかし、レンタルサロンを利用したサロン開業は、開業時期が限定されているため、飛び込みの顧客が望みにくいのです。

レンタルサロンを利用した際に、十分に顧客を獲得するには、開業前から集客をしっかりと行うことが大切です。

店舗前看板を作成したり、SNSを活用してサロンの存在を周知するなど、様々な方法で集客をおこなってみてください。

リラックスできる空間づくりを心がける

サロンの利用者は、サロンに対し、癒しや非日常感を求めていることが多いです。

レンタルサロンを利用したサロン開業を成功させるには、利用者がリラックスできるような空間・雰囲気づくりを意識することが重要です。

例えば、スタッフの私物やゴミなど、生活感を感じるものを利用者の目に届かない場所に隠すだけで、特別な空間を演出することができます。

サロン内を清潔に保つことは当然として、内装の綺麗さや快適さにこだわるのであれば、築年数が浅く、空間が広いレンタルサロンを利用することをおすすめします。

利用者にとって居心地の良い空間を提供できるように工夫してみてください。

個人情報の管理を徹底する

自分のサロンを開業するうえで、注意すべきなのが個人情報の取扱いです。顧客情報を管理することは当然ですが、安全な職場環境を維持するためにも、スタッフの個人情報も十分に管理する必要があります。

サロンの集客を行う際、サロンの住所や連絡先、サロン名やスタッフの名前を公開することもありますが、それらの情報が悪用されてしまったら、トラブルに巻き込まれるリスクが高いです。

サロンの情報は予約が確定した顧客にのみ公開する、スタッフ名はインターネットに掲載しないなどの対策を講じることで、個人情報を保護することができます。

特に、サロンスタッフが女性の場合は、十分に注意しましょう。

まとめ

今回は、レンタルサロンを利用した独立開業の方法について紹介してきました。

レンタルサロンを活用することで、手軽かつ手軽に独立開業を目指すことが出来ます。

自身のサロンを持ちたいと考えている方は、夢をかなえる手段の一つとして、レンタルサロンの活用を検討してみてはいかがでしょうか。